SS部屋

    二次SS&感想置き場です

    プロフィール

    夏風

    Author:夏風
    拍手&一言連絡はこちら→_旦~~

    pixivリンク先はこちら


    土竜穴から引越しました☆

    SS用拍手(ジャンル別)

    コメントは任意&非公開です☆

    ブロとも申請フォーム

    カウンター

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アンチスコア(イオン)


     『ND2011 ローレライ教団総本山 ダアトにて』


    【人物】 イオン
          ヴァン

    【場所】 導師イオンの私室


    イオン 「すでに詠まれたスコアを変えられないか、とはまた穏やかでない質問だね、ヴァン。僕しか聞いていないからいいようなものだけど、モースあたりが耳にしたら処刑されかねない失言だって解かって言ってる? 君だから答えてあげるけどね」

    ヴァン 「恐れ入ります」

    イオン 「結論からいうと、全くの不可能とは言い切れないと思う。例えば……そうだね。今日の夕餉のシチューがチキンだといってる預言とポークだといってる預言があったとする」

    ヴァン 「その程度の誤差であれば両立する余地がありましょう。調理人が間違って両方を入れるかもしれません。一度出した夕餉がなにかの事故で作り直しになる可能性もあります」

    イオン 「うん。多くの預言は不完全なんだ。解釈の仕方次第で、幾通りの意味にもとれるし幾通りの結果もあり得る。でも、君の言っているのはそんな生易しい言葉遊びの話じゃないんでしょう? そう……僕の死の預言を覆せるのなら、なぜ僕は僕の死を回避するスコアを詠もうとしないのか? そんなところかな」

    ヴァン 「導師イオン、やはりそれは不可能なのですか?」

    イオン 「君にそんな顔は似合わないよ。……やってみようと考えたことはあるよ。だけど結果が見えているんだ。スコアと関係なく、現実を考えてね。そもそも、狙い通りのスコアを選んで詠むなんてこと自体ができるかどうか分からない。僕らの詠むスコアは所詮はユリアのスコアの枝葉にすぎないし、ユリアにはローレライの助けがあったけど僕たちに彼の助けはない。仮に望み通りのスコアが詠めたとしても、アンチスコアは膨大なフォニムを消費する。大河の下流に、無理やり存在しなかった支流を作り出すだけの力を使うと想像してみればいい。強引にそんな無茶をすれば、スコアを詠む前に力尽きて死ぬか、詠めたとしてもいいとこスコアラーの命と引き換えになるだろうね。詠もうとすれば、たぶん死の預言を覆す前に僕の命の方がもたない。結局、どうあがこうが僕はスコア通りに死んでしまうだけなのさ」

    ヴァン 「例えばの話です。ユリアのスコアに『ユリアの譜石の力の喪失』が詠まれていたとしたらどうです?」

    イオン 「ハハハハ! 君はまったく不思議な人だね、ヴァン。そんなスコアは導師の僕だって聞いたことがないよ。それはどこの第七譜石に書かれたクローズドスコアなのかな」

    ヴァン 「例えばの話と申し上げましたでしょう。戯言と思ってお考えをお聞かせいただければ有難く存じます」

    イオン 「ふうん。……ユリアの譜石の力がなくなるのなら、仮にそのスコアが成立すれば、その時点で二千年前にユリアが詠んだスコアは以後無効となるかもしれないね。もっとも、相反する二つのスコアは、どちらかが実現してもう一方の預言を完全否定するまでは両方生きているとも考えられる。別に星の記憶自体がなくなるわけじゃない。星の記憶が在るというなら、それはスコアを詠む詠まないに関係なく存在するだろう。因果の流れの勢いでユリアの初めの預言通りに事が進む可能性だってある。……ところで、この問答は一体なんなのかな、ヴァン謡将? ひょっとして、君はスコアを変える気でいるとか?」

    ヴァン 「滅相もないこと。スコアというものを知るため、後学のために伺ったまでです」

    イオン 「ふふ、そういうことにしておいてあげようか。……僕と君の仲の誼(よしみ)で一つ忠告してあげるよ。もしも本気でスコアと戦う気なら、敵はスコアじゃない。スコアに毒され飼い慣らされた愚かな人間の心さ。まったく、詠みさえしなければスコアなんて存在しないのにね。忌々しいことに、この毒は僕の中にもある。君だって例外じゃない」

    ヴァン 「それでは、この星に生きる人間はどこまでいってもスコアから逃れられないと?」

    イオン 「断言はしないけどね。スコアと戦ってきた君なら解かるはずだ。半端に干渉してもスコアは動かせない。相手は、二千年もの間一度たりとも預言を外したことのない因果律を完全支配してきた化け物だよ。スコアと戦う武器があるとすれば、それは理屈や愛などではない。世界中の人間が悲鳴を上げようともスコアを絶対否定しきれる強烈な意志。スコア抹殺のためには星の記憶さえも屑同然に消してしまえるほどの、強大な狂気の激流さ」




    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿








     ブログ管理者以外には秘密にする
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。